本文へスキップ

住宅ローンが払えなくなったら、京都任意売却相談センターへ

電話でのお問い合わせは
京都市 任意売却 相談 伏見区 フリーダイアル0120-083-119

〒612-8018 京都市伏見区桃山町丹後10-16 伴ビル2F

任意売却とはreal estate

任意売却の基礎知識

任意売却とは、住宅ローン等の借入金が返済できなくなった場合、
売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を金融機関の合意を得て売却する方法です。

任意売却は任売とも言われています。

住宅ローンを滞納すると、債務者がローンを分割で返済する権利(期限の利益といいます)が失われてしまい、お金を貸した金融機関は残っている住宅ローンの全額を一括で返済することを要求してきます。残債務を一括で返済できない場合、金融機関は担保となっている自宅を強制的に売却し、その売却代金から貸したお金を回収します。

この、担保不動産を強制的に売却するのが競売です。競売は所有者の同意なしに売却することを裁判所が認め、裁判所が所有者に代わり、物件の購入者(最高価買受人)をオークション形式で決定します。競売には様々なデメリットがあるため、「自宅を競売にしたくない、何か方法は無いか」というお問合せを多くいただきます。

このページでは、任意売却について、競売との違いやメリットデメリットなどを説明しています。

競売と任意売却の違い

競売と任意売却は、両方とも金融機関から借りたお金(住宅ローンなど)全額の返済ができない状態で不動産を売却することです。しかし、競売と任意売却では販売方法、意思決定、そして結果が大きく異なります。

競売は全ての意思決定を裁判所が行うため、非常に透明性の高い取引です。ただ、任意売却と比較してデメリットが多いのが難点です。競売のデメリットは大きく以下の5つが挙げられます。他にも様々なデメリットが存在します。

京都市 任意売却 相談 伏見区 メリット 競売

これに対して任意売却は、通常の不動産取引と同様、ご相談者さまの意志が反映された形での売却となります。きちんと情報公開することで相場価格での売却はもちろん可能ですし、ローン滞納を周囲に知られることもありません。強制立退きでは無く時間的に余裕のある引越しができますし、売却代金の一部を引越し代として債権者から融通してもらえる可能性もあります。さらに、残債務は月々5千円から3万円程度の返済を行える可能性が高い点も魅力の一つです。通常の不動産取引と違う点は、売却価格に関して債権者の同意を必要とする点です。

任意売却 競売 京都市 伏見区 任意売却 相談 比較

任意売却の大きな特徴として、自宅売却に係る経費(登記料や仲介手数料など)は売却代金の中から清算することができます。そのため、
売主が持ち出しでお金を支払う必要はありません。前述の引越し代は、売却代金から最高30万円を融通してもらえる可能性があります。引越しには敷金・礼金・仲介手数料・前家賃などでまとまったお金が必要となるため、その30万円をもらえることで引越しが比較的スムーズに行えます。

任意売却 京都 伏見区 相談 流れ ローン