本文へスキップ

住宅ローンが払えなくなったら、京都任意売却相談センターへ

電話でのお問い合わせは
京都市 伏見区 任意売却 相談センター ローン フリーダイアル0120-083-119

〒612-8018 京都市伏見区桃山町丹後10-6 伴ビル2F

住宅ローン滞納から競売へ・届いた書類(通知)から今の状況のチェックHEADLINE

住宅ローン滞納から競売へ・届いた書類(通知)から今の状況のチェック

ご相談者さまから「届いた書類の意味が分からない」「この書類が届いたが何をすれば良いのか」といったご質問を多くいただきます。届いた書類には難しい専門用語が並んでおり、また、ほとんどの書類が「通知」となり、その後どうすれば良いかが書かれていない不親切なものです。

ここでは、届いた書類の意味、そして次の段階に進むとどうなるか、また競売までの残り時間などをご説明いたします。住宅ローン等の滞納で届く書類はどれも非常に重要です。見落としていた、無視していた、ということが無いよう、書類が届いたら金融機関に問合せ、もしくは当センターにご相談いただくといったアクションを必ず起こしてください。

下記の金融機関等の債権者から届く書類は、金融機関からの住宅ローンの救済のチャンスだと思ってください。
競売にかけられてしまう前に、ご相談者さまの現在の状況を把握し、ご相談者さまにとってより良い対処方法を見つけることが必要です。

届いた書類(通知)から今のご相談者さまの状況をチェック

書類名か書類のサンプル画像をクリックしていただくと、各書類の詳細情報がご覧になれます。
どれも重要な書類ですので、届いたら詳細情報までチェックしてみてください。
任意売却が
可能な期間
 滞納前 まだ滞納していないけど、
返済が苦しい 
任意売却は余裕を持って取組むことができます

住宅ローン滞納前〜滞納5ヶ月までに届く書類は、「返済できていません」といったお知らせや、「すぐに返済してください」といった要求です。任意売却には余裕を持って取り組めますが、放置しておくとすぐに次の段階の「期限の利益喪失」の通知が届きます。

 住宅ローン滞納1〜5カ月 催告書/督促状
催告書 督促状 京都市 任意売却 伏見区 相談
 住宅ローン滞納6ヶ月 期限の利益の喪失
期限の利益の損失 京都市 伏見区 任意売却 相談

一括での返済が必要になります

住宅ローン滞納6ヶ月以上になると、「期限の利益喪失」に関する予告通知や通知が届きます。また、それに続き「代位弁済通知」が届きます。期限の利益を喪失すると、ローンを一括で返済しないといけなくなります。

代位弁済はローン契約した際の保証会社が、ご相談者さまに代わり、一括で返済したことを通知するものです。それ以降は、任意売却の交渉は銀行ではなく、保証会社と行うことになります。

競売までもうあまり時間がありません。「期限の利益喪失」「代位弁済通知」「差押通知書」が届いたら、すぐにご相談ください。

 住宅ローン滞納7か月 代位弁済通知
代位弁済通知 京都市 伏見区 任意売却 相談
 
 住宅ローン滞納8か月 差押通知書
差押通知書 京都市 任意売却 伏見区 相談
 住宅ローン滞納9か月 競売開始決定通知書
競売開始決定通知書 京都市 伏見区 任意売却 相談
 

競売まで残り時間僅かです

競売開始の決定通知は、債権者である保証会社が裁判所に競売を開始する依頼をしたことで発送されます。この通知が届くことで競売へのカウントダウンが開始されます。この後は、執行官による現況調査が行われ、その調査結果を基に競売に関する詳細(価格など)が決定されます。競売の詳細が決定すると、競売の期間入札通知で具体的に、ご相談者さまの不動産がいつ競売になるかが通知されます。

ここまで来ると任意売却するために残された時間はほとんどありません。今すぐにご相談ください。

 住宅ローン滞納10か月 執行官による現況調査 
 住宅ローン滞納13か月〜
16か月
競売の期間入札通知書
競売の期間入札通知書 京都市 伏見区 任意売却 相談 ローン
 
  任意売却 京都 伏見区 相談 センター
任意売却が
難しい期間
期間入札終了後 競売による開札↓
立ち退き
※任意に立ち退かない場合は、裁判所から引渡命令が出され、強制的に退去させられます
任意売却をするためには
買受人の同意が必要です

任意売却は開札2日までは債権者の同意があれば可能ですが、それ以降は最高買受人(競売の落札者)の同意が必要です。そのため、開札後は任意売却ができる可能性は非常に低くなります